新田の命運を握る堰、吉井川

岡山県東部を貴流する吉井川の下流部には、水田地帯が広がっている。これらの水田開発は、平安初期に始まったといわれ、河口部の児島湾周辺には、江戸時代の干拓地が広がっている。これらの地域を潅漑するため、吉井川下流には、田原堰・坂根堰・吉井堰・鴨越堰の4堰が設けられている。

江戸期初め、この地域では池田藩政下での政策立案に当たって、新田開発についての二人の家臣、熊沢蕃山と津田永忠の姿勢の差が現れた。
蕃山は、古地(すでに開発された耕地)の障り(障害)になるとして新田開発を抑制したが、後を継いだ永忠は、大水尾(排水路)を通じて古地の改良を図り、その上で積極的に開発を進めたのであった。その結果、河口部の干拓地の開発が前進することになった。

平野河口部の干拓を行うには、干拓工事とともに農業用水の確保が必要である。吉井川河口流左岸では、幸島新田(約560町歩=560ha)のため河口から20km上流の坂根に堰堤が設けられ、大用水路により導水されている。堰の支配面積は、反復利用を加えると約3,000町歩におよんでいる。堰の取水位と新田との高低差は約8mで、水の流れは2,500分の1という緩い勾配になっている。このため、水路は盛土上につくり、河川横断部には暗渠を設けている。

また左岸の倉安川では、吉井に堰堤を設け、岡山城下流の旭川に合流させている。この川は、河口からの距離約20mで、倉田新田(約300町歩)などの用水源として開削され、また、舟運用運河としても利用された。

このように、現在の用水系統は、児島湾周辺の干拓地に農業用水を補強するため、17世紀の中ごろに完成したものである。しかしその後、下流平野の農業用水は、本川からの取水と地域内の小河川の利用、さらには流域を超えた開発の結果、旭川水系の用水と重複している。さらに、古田と新田(干拓地)の用水配分などがあり、複雑な用水系統となった。

吉井川の4堰は、「斜め堰」という特殊な形状である。堰は、自然の砂州を利用して築造され、全面石張構造で、舟運のための舟通しが設けられていた。これらの堰は、吉井堰を除き、現在では農業用水・工業用水・上水道・河川維持用水など多目的な取水のための近代的な堰に改修され、その機能を保っている。