水をとる、井堰

水は、水田に欠くことはできない。現代でも、谷に開けた水田では天水(雨水)だけに頼るものがあるが、一般に谷筋の水田では、背後の山林からの湧水や、それが集まった流路から水を取る工夫がこらされている。湧水地点に設けた野井戸や、渇水期には砂の中を伏流する水を石積みの暗渠で取り出す施設がよく見かけられる。このような小さな水源からの取水は不安定で、すぐに水量の限界に達する。そのため、集水域の広い河川と呼べるような流れから取水することになる。

河川の水量が豊富で水位が常に高ければ、単なる水の入り口を設けるだけで容易に取水できるが、水位が低下して水が引けないような場所や時期には、流れの中に水を堰き止める物を置いて、水位を高めることができれば、あとは個々の圃場に至るまでの水路をつくって重力エネルギーで勾配にしたがって自然に流下させることができる。

わが国の農業用水は、大部分を河川から取水しているが、自然の水位を人為的に上昇させ、かんがいに適度な水位を保つ井堰の出現は、人々が必要とする時に水をいつでも利用することを可能にした画期的な意義を持っている。現代に生き続ける有名無名の用水は、先人の着想したこのような原理を最大限に活かしたものである。

もっとも、縄文期の水田といわれる板付遺跡(福岡県)でも木杭を打ち込んだ直立型の簡単なものが、古墳期はじめごろの古照(愛媛県)や纏向(奈良県)などの遺跡では木杭を合唱式に組み合わせたものが、発見されている。こうした先進地域以外でも、しだいに井堰を組み合わせることにより、新しい耕地を拡大できるようになった。
それとともに、河川を利用できる度合いが増し、また個々に独立していた小規模な水利集団が統合されて、一つの井堰を頂点に広範なつながりを持つ大きな用水組織へと発展していくのである。