川が育てる平野

日本の河川は,大陸の河川に比べれば,流域も流路延長も小さい.また河川勾配は急で,流量は季節により大きく変動する.降雨時にはきわめて大量の出水があり,大量の土砂を運ぶ.このような特性は大陸の河川では最上流部でみられるものである.日本ほど変動の激しい河川の流域に多数の人が住み,高度な水利用と,河川の制御に万全を期さねばならない所は,世界でもまれである.

河川は,山地をはなれて平野や盆地に流れ出すと,運搬してきた土砂を堆積し,扇状地を形成する.

また,河口付近には細粒の土砂を堆積して三角州をつくる.
三角州と扇状地の間には,流路の両岸に土砂を堆積して自然堤防と後背(湿)地からなる氾濫原(はんらんげん)をつくる.沖積平野は,基本的にこの三つの堆積地形からできている.台地は,洪積世(更新世)に形成された平野が海退もしくは隆起したまま残ったものである.これら,河川の作用によって形成された平地が,人々の主な生活舞台となっているのである.

人々は,河川と苦闘しながら,新しい沖積地への進出,洪水による村落の廃絶・再建といった過程を繰り返して,現在の高密度な生活空間をつくり出したのである.