企画セッション

平成30年度 「京都の地域づくりにおける水土の知 - 千年の持続と独自の近代を支えた水」 [PDF]

   1) 「千年の都」 京都の<水土> [PDF]
     渡邉紹裕 (京都大学大学院 地球環境学堂)
   2) 琵琶湖疎水の開削と京都の近代化 [PDF]
     小野芳朗 (京都工芸繊維大学大学院 工芸科学研究科)

平成29年度 「相模地域の地域づくりにおける水土の知 -復興と地域創生の観点から-」 [PDF]

   1) 富士山噴火による酒匂川流域の災害と復興 -田中休愚の事績を中心に- [PDF]
     関口康弘 (神奈川県立秦野曽屋高等学校)
   2) 報徳仕法の地域再生 -相州片岡村・克譲社仕法- [PDF]
     早田旅人 (平塚市博物館)

平成28年度 「仙台藩の地域づくりにおける水土の知」 [PDF]

   1) 仙台藩の「水土の知」 -大崎耕土を中心に- [PDF]
     加藤 徹 (NPO法人あぐりねっと21)
   2) 元禄潜穴と品井沼干拓にみる「水土の知」の源流 [PDF]
     田村孝浩 (宇都宮大学)
   3) 大堰と内川の歴史的価値について [PDF]
     青木 幹 (大崎土地改良区)

平成27年度 「岡山藩の土地改良における水土の知」 [PDF]

   1) 江戸時代の新田開発における岡山藩の特徴 [PDF]
     廣瀬裕一 (農研機構 農村工学研究所)
   2) 近世岡山の農業遺構の特徴 [PDF]
     馬場俊介 (岡山大学名誉教授)
   3) 田原井堰および田原用水の歴史的意義 [PDF]
     森元純一 (和気町歴史民俗資料館)
   4) 沖新田干拓地の水管理(番水)から学び継承すべきこと [PDF]
     樽屋啓之 (農研機構 農村工学研究所)