改定図書発行 : 土地改良事業計画設計基準及び運用・解説 設計「水路トンネル」

<改定の要旨より抜粋>

前回の設計基準再編に伴う全面改定から17年が経過し、この間の設計基準 「水路トンネル」 をめぐる諸課題としては、平成13年の土地改良法の一部改正により 「環境との調和への配慮」 が土地改良事業の実施の際に求められていること、施設の長寿命化に対応する必要が生じていることなどが挙げられる。さらに、社会情勢などの変化に適切に対応する観点から、近年改定された各種設計基準類や他分野における類似構造物の動向を考慮する。
このような状況を踏まえ、本基準の改定を行うこととしたものであり、主な改定事項は以下のとおりである。

1.環境との調和に配慮するため、設計の基本に記載
2.地震の影響を受けやすいトンネル坑口部の位置選定等について注意事項を記載
3.管理を新規項立てし、保全技術(補修・補強)の位置付け等を記載

A4判 664ページ
定価 : 3,200円 (消費税込み) 送料学会負担
発行 : 平成 27 年 9 月 (改定年月 : 平成 26 年 7 月)

※ご購入方法につきましては、下記URLに掲載しております。
http://www.jsidre.or.jp/book/howto/ (図書販売のコーナー)