研究会

農業農村工学会 農業農村整備政策研究部会 第9回研究会開催のお知らせ

 農業農村整備政策部会では、下記の通り、第9回研究会を開催します。
 日本の灌漑用水は主として水田を対象とし、江戸期に大いに発展するとともに、ムラを基礎にした水管理の体制と効率的な運用のあり方が特徴づけられました。それは、戦後、土地改良区の水管理に受け継がれて現代に到り、他の国には見られない独特でかつ安定した食糧生産を実現してきました。しかし、近年の大規模な担い手農業の進展によって、この水管理は大きく変わろうとしています。そこで、筑波大学の佐藤政良名誉教授に、「日本の灌漑用水管理の特徴・変化と今後の課題」と題して、日本の伝統的な水管理の特徴を整理するとともに、今後の水管理の課題と問題点についてお話いただきたいと思います。奮って御参加願います。

1. テーマ   日本の灌漑用水管理の特徴・変化と今後の課題
2. 日 時   2018年11月12日(月) 16:00~18:00
3. 場 所   農業土木会館2階A会議室
4. 次 第
  ①部会長挨拶                               16:00~16:05
                               飯田俊彰准教授 (東京大学)
  ②講演 「日本の灌漑用水管理の特徴・変化と今後の課題」  16:05~17:05
                              佐藤政良名誉教授 (筑波大学)
  ③質疑応答と討議                            17:05~18:00
5. 懇親会
  研究会終了後に立食懇親会 (会費2,000円 18:15~19:30) を開きます。
6. 参加申込み
  研究会へ参加を希望する方は、下記の部会事務局に参加申込み(懇親会を含む)を行ってください。
7. 事務局 (問合せ及び参加申込み)
  参加申込み及び不明な点がありましたら、担当の桑田(以下の連絡先)までご連絡下さい。
  TEL   : 03-3591-5798
  E-Mail : seisaku-bukai@jsidre.or.jp