JABEE

>> 農業農村工学会と JABEE (日本技術者教育認定機構) について

一般社団法人 日本技術者教育認定機構(Japan Accreditation Board for Engineering Education 以下:JABEE)は、技術系学協会や産業界と密接に連携しながら高等教育機関の技術者教育プログラムの審査・認定を行う非政府団体で、1999年11月19日に設立、2009年 4月 1日には一般社団法人として認定されております。

農業農村工学会は、日本農学会とともに JABEE 設立準備段階から参画し、農業工学分野の審査を行っております。今後も、分野の技術者・学生の資質向上を目指し、JABEE 活動に最大限の支援をしていきたいと考えております。

JABEE が行う審査・認定は、教育プログラムの評価・認定をする制度です。評価対象は、学部の 4 年間の教育プログラムが達成する教育成果(Educational Outcomes)であり、JABEE は大学の提示する教育目標が JABEE の要求する教育成果を含み、国際的な最低基準を満たす内容であることをチェックします。また、自己点検書や訪問調査から、プログラムの教育目標を必要な水準まで満たしていることを確認します。

JABEE が認定したプログラムの修了者は、文部科学大臣の指定を受けて技術士の第一次試験が免除され、技術士資格取得への近道となっています。(2008年度までの修了生総数は約9.5万人)