農業農村工学系の大学生のための技術研究所の見学会のご案内

(一社)土地改良建設協会



 (一社)土地改良建設協会では、土木工学や農業農村工学の魅力を学生に伝えるために、(公社)農業農村工学会と連携して、農業農村工学系の学部・学科の学生に対して、会員企業の技術研究所の見学会を開催しています。
 令和元年度の第2回見学会は下記の予定です。参加を希望される学生は、1 住所、氏名、電話番号、 2 大学名、現在所属の学部・学科名、及び学年、 3 当見学会をご紹介いただいた教員名とその方法 (授業で紹介、学科の掲示板に掲示、教員からのメールなど) 、
4 見学を希望する理由(簡潔に100字以内)、 5 見学希望対象施設名(前田建設工業技術研究所又は熊谷組技術研究所)を記して、
1月24日(金)までに当協会 (jigyo@dokaikyo.or.jp) 宛に顔写真を添付の上、件名を 「技術研究所見学会希望」 としてメールしてください。

1.  前田建設工業技術研究所 (茨城県取手市)    令和2年2月27日(木)
      関東鉄道常総線寺原駅に13時に集合
       (東京駅からは、JR上野東京ラインで取手駅まで50分、取手駅から関東鉄道常総線で寺原駅まで5分)
      ※見学会のチラシは こちら (PDF)

2. 熊谷組技術研究所 (茨城県つくば市)       令和2年3月2日(月)
      つくばエクスプレス万博記念公園駅に12時に集合 (技術研究所で昼食)
       (東京駅からは、JR山手線で秋葉原駅まで5分、秋葉原駅からつくばエクスプレスで万博記念公園駅まで50分)
      ※見学会のチラシは こちら (PDF)

 研究所見学の終了後、1については農林水産省に移動し、前田建設工業の技術者も含めて、農林水産省の若手技術者との懇談会を開催します。
 2については農研機構農村工学研究部門に移動し、農研機構の見学と併せて、熊谷組、農研機構及び農林水産省の若手技術者との懇談会を開催します。
 どちらも軽食を取りながらの和やかな懇談会ですので、民間、国、双方の技術者から率直なお話しを聞くことができ、学科や専攻の選択、就職先の選択を考える上で貴重な機会となるものです(これまでの参加者の感想は、(一社)土地改良建設協会のホームページで見ることができます)。
 なお、解散は18時前後を予定しています

 また、見学会終了後、2週間以内に800字程度の感想等を提出することが条件となります (会誌 「土地改良」 等に掲載した場合には、
5千円の原稿料を支給します)。

 なお、旅費の支援として、当協会から、①東京都、神奈川県、千葉県、茨城県、埼玉県管内の大学の学生に対しては 2千円、②栃木県、群馬県、山梨県、静岡県管内の大学の学生に対しては 5千円、③東北、北陸、東海、近畿農政局管内及び長野県管内の大学の学生には 1万円、④中国四国農政局管内の大学の学生には 1万5千円、⑤北海道、九州農政局、沖縄の管内の大学の学生には 2万円を支給します。
参加人数は、1及び2とも各20名程度を予定しています。応募者多数の場合は、当協会で選考します。選考結果は、1月31日(金)までにメールでお知らせします。
 各施設の内容は、各研究所のホームページを参照してください。