農業農村工学会 「土壌物理研究部会」


左画像:土壌を微視的に認識しようとするイメージ
右画像:土壌を野外調査すなわち巨視的に認識しようとするイメージ
※ この二つのイメージは、「理論・実験・野外調査・社会貢献」が土壌物理研究部会の取り組んでいる範囲を示しています

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■ 農業農村工学会 土壌物理研究部会からご挨拶 (前部会長 成岡 市)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■ 第56回 農業農村工学会土壌物理研究部会 研究集会
  「土壌化学を理解するための地球化学反応モデリングの基礎」

日 時 : 平成29年10月13日(金曜日)、 13:00 ~ 17:00
会 場 : 北海道大学 農学部4階大講堂
      https://www.hokudai.ac.jp/introduction/160812sapporao_can_map.pdf
参加費 : 1,500円 (要旨集代,ただし学生は無料)

講演者と題目
・ 「Overview of reaction and reactive transport modeling with the Geochemist’s Workbench(GWB)」
   (地球化学モデリングソフトGWBによる反応・輸送モデリングの概説)
            Brian Farrell (Aqueous Solutions, LLC)
・ 「GWBを利用した土壌化学の理解のための化学種」
            佐藤 努 (北海道大学大学院工学研究院)
・ 「Adsorption and transport of elements in GWB」 (GWBによる元素の吸着・輸送モデリング)
            Craig Bethke (Aqueous Solutions, LLC)

* 情報交換会は後日開催の土壌物理学会と共催
* 宿泊の予約は各自でお願いします。混み合うようですので,早めの手続きをお願いします。
  申込方法 : 9月22日までに,e-mailまたは電話でお申込み下さい。

要旨集PDFファイルは、こちらから

当日参加は可能ですが,事前登録により,GWBのデモ版の利用が可能です。
デモ版をご利用の方は,下記資料 (PDF) をご覧ください。

Demo1_GWBの概略
Demo1_計算結果 良い例
Demo1_計算結果 悪い例
Demo2_GWB反応輸送モデル

地球化学モデリングソフトGWBの詳細について (Aqueous Solutions ,LLC社のHP) ⇒ https://www.gwb.com/

問い合わせ先 : 農業農村工学会土壌物理研究部会 事務局代表幹事 徳本家康
〒840-8502 佐賀市本庄町1 佐賀大学農学部
電話 : 0952-28-8755  E-mail : yasu@cc.saga-u.ac.jp

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[ 農業農村工学会 土壌物理研究部会 ]
■ 事務局構成
■ 運営要領
■ 歴代部会長
■ 部会の開催記録
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[ リンク ]
■ 土壌物理学会
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[ 問い合わせ先 ]
農業農村工学会土壌物理研究部会 事務局代表幹事 徳本家康
〒840-8502 佐賀市本庄町1 佐賀大学農学部
電話 : 0952-28-8755  E-mail : yasu@cc.saga-u.ac.jp
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

更新: 2017(H29).09.05